お知らせ

重要情報
2017-09-29
CEPSA レコーダー セキュリティ脆弱性 対策プログラムご提供のお知らせ

平素はCEPSAレコーダーをご愛用下さり、誠にありがとうございます。

 

この度、デジタルレコーダーの一部製品において、ソフトウェアセキュリティ脆弱性が判明致しました。

つきましては、対策プログラムを提供させていただきます。


【対象機種】

現在報告の上がっている機種

 

RD-HF04301-E, RD-HF04301-E2

RD-HF08302-A, RD-HF16302-A

 

RD-CVR5104-E

RD-CVR5204-VA, RD-CVR5208-VA, RD-CVR5216-VA

RD-CVR7204-VA, RD-CVR7208-VA

RD-CVR7416-VL

RD-CVR7816-VS

 

RD-NF04104(-1T, -2T等)

RD-NF4232V

RD-HF5232-NVR

RD-HF3216V-NVR(-1T, 2T等)

 

【想定される影響】

・レコーダーのネットワーク設定が書き換えられる。

 (IPアドレス/ゲートウェイ/DNS/PPPOE等)

・カメラ映像が映らなくなる

 (映像入力ソースが変更されている等)

・チャンネル名が変更される

 (「HACKED xx」に変更されている)

 

※録画データに影響はありません

 

【修正内容】

初期値管理者権限の脆弱性を修正したファームウェアに変更しました。

 

【対応策】

下記までお問い合わせ下さい。

 

株式会社ASK TRADING

CEPSA事業本部

fax:048-951-5823

mail:info@asktrading.co.jp

リンク